天気予報

  • 1時間毎の天気予報
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

オール諏訪ドットコム

フォト
無料ブログはココログ

神事

2019年6月 2日 (日)

御田植祭

今日、6月の第1日曜日は上社の御田植祭の日です。

早乙女23人は手水で浄めてから、

R01_0602s-2

奉告祭を行うため、齋庭(ゆにわ)に移動しました。

R01_0602s-16

そして記念撮影をしてから、
R01_0602s-17
約500メートルほど離れた藤島社に徒歩にて向かいました。
R01_0602s-24
巫女さんによる田舞の奉舞があり、
R01_0602s-33

そしていよいよ早乙女により田植が行われました。

R01_0602s-37

R01_0602s-38

R01_0602s-49

あぜ際の最後の1列はカメラマンにお尻を向けて植えます。
R01_0602s-85

R01_0602s-91

泥だらけの足は、途中にある洗濯場のぬるま湯で洗い流して直会会場の参集殿に向かいました。

R01_0602s-97

曇り空で暑くもなく寒くもない祭礼日和の御田植でした。

 

2019年5月26日 (日)

齋田の田植作業

コーヒーフェスティバルでコーヒーを購入して帰宅し、
ダービー中継をTVで見てから、
16:00集合の齋田に向かいました。

来週の御田植祭りの準備として、
早乙女が植える部分を残して田植をする作業です。

耕作奉賛会のメンバー約30人の作業で1時間で終わりました。

R01_0526s-1

R01_0526s-2

R01_0526s-3

R01_0526s-5

R01_0526s-6

R01_0526s-7

R01_0526s-8

R01_0526s-9

R01_0526s-10

2019年4月16日 (火)

献詠祭

 

御頭祭(酉の祭り)の翌日は、二の酉献詠祭が行われます。

神職はじめ大社関係者の詠んだ短歌が宮司により吟じられます。

H31_0416a_2  

 

H31_0416s-2_1

 引き続き、巫女さんにより浦安の舞が奉舞されます。

H31_0416s-5_1  

H31_0416s-7_1  

H31_0416s-8_1

H31_0416s-10_1

H31_0416s-13_1

H31_0416s-19_1  

H31_0416s-24_1  

H31_0416s-28_1  


H31_0416s-31

H31_0416s-33

昨日の、御頭祭に比べれば温暖な陽気に恵まれた、二の酉献詠祭でした。

 

2019年4月15日 (月)

御頭祭(酉の祭り)

4月15日は本宮の月次祭(つきなみさい)に引き続き、
大祭として御頭祭(酉の祭り)が行われます。
本宮から前宮まで御霊代(みたましろ)を運び神事を行う祭りです。

行列で運ばれる物として、
なぎ鎌や弓、槍、旗などがあり、
茅野市の泉野地区の氏子が担当します。

H31_0415s-2

H31_0415s-9

H31_0415s-17

前宮に到着して、十間廊に運び入れます。

H31_0415s-24

神輿の御簾(みす)が上げられて神様を安置できました。

H31_0415s-26

神饌を御供えします。
H31_0415s-32

宮司が祝詞(のりと)の奏上、玉串奉奠をします。
H31_0415s-34 

十間廊の神事が済むと、内御玉殿祭と若御子社祭がおこなわれ、
最後に前宮本殿方向に向かって一同拝礼で帰社します。
H31_0415s-36

昨夜来の冠雪があった八ヶ岳連峰をバックに帰路を早めます。

H31_0415s-41

H31_0415s-42

H31_0415s-43

なお、神饌と一緒に供えられたのが、
早春の象徴としての、三杖柱の幣帛(へいはく)です。

とても重くて二人で担いで神輿の前方を歩みました。

H31_0415s-57


H31_0415s-49

H31_0415s-56

H31_0415s-67

今年は暖冬だったのですが、桜の開花が遅れて、
沿道には花が見られませんでした。

 

 

2019年4月 7日 (日)

千鹿頭神社

本日は、長野県議会議員選挙の投票日です。
4月の第一日曜日でもありまして、千鹿頭神社の例大祭の行われる日です。
千鹿頭神社につきましてご存じない方のために説明しますと、
諏訪湖の南岸近くの有賀地区の鎮守様です。
鹿に関係ある名前の通り、諏訪大社本宮の御頭祭の前週に開催されます。

今日はあいにく強風でにわか雨の降る中での開催となりました。

この例大祭では浦安の舞を、小学校5年の女児が奉舞します。
雨の中、公民館から徒歩で境内まで移動して、まず本殿にて奉舞します。
H31_0407s-1 

H31_0407s-35_1

H31_0407s-4

H31_0407s-12

H31_0407s-13

H31_0407s-18

H31_0407s-27

本殿の狭い所での踊りの後、
本殿の向かいにある舞屋に移動して皆さんに踊りを披露します。
(前夜祭でお披露目済みとのことですが・・・・・・)
H31_0407s-53

H31_0407s-41

H31_0407s-51

H31_0407s-56

新6年生になったので、これで舞子を卒業するそうです。

 

 

 

2019年3月17日 (日)

祈年祭

諏訪大社では3月17日に祈年祭が挙行されます。

神事は、浄祓い池の前でお浄めしてから、
齋庭に整列して神事が始まりました。

宮司の祝詞の後で、巫女さんが浦安の舞を奉舞しました。

H31_0317s_2


H31_0317s_3


H31_0317s_8


H31_0317s_12


H31_0317s_17


H31_0317s_25


H31_0317s_27


H31_0317s_31


H31_0317s_32



寒風に乗って、雪も舞い散る中での寒い神事でした。

2019年1月19日 (土)

ダルマ焼浄祭

1月の第3土曜日はダルマ焼浄祭の日です。

上社の駐車場において、法華寺の住職の読経とともに
昨年お世話になった沢山のダルマさんをねんごろに焼浄しました。

H31_0119s_2


H31_0119s_3


H31_0119s_5

下のダルマが燃えると、上のダルマが転がり落ちます。
H31_0119s_7


H31_0119s_9


H31_0119s_11


H31_0119s_12


H31_0119s_15


H31_0119s_19


H31_0119s_23


H31_0119s_30


着火から30分で赤いダルマさんは白い灰になりました。

例年よりも暖かな焼浄祭でした。









2019年1月15日 (火)

田遊び神事

正月明けの1月15日は田遊び神事が行われました。

拝殿前の齋庭(ゆにわ)のゴザを田んぼに見立てて、
農作業の所作を行い、田舞を奉舞します。

H31_0115s_2

神事で使用する物は……
H31_0115s_3

田んぼ(ゴザ)の四隅と中央に
鋤、鍬、代かき、種まきを行います。
H31_0115s_4


H31_0115s_6


H31_0115s_10


H31_0115s_13

その後、杉の若葉を早苗に見立てて、
巫女さんにより田舞の奉舞が行われます。

H31_0115s_14


H31_0115s_16


H31_0115s_19


H31_0115s_21



祝詞奏上や、玉串奉奠の後蟇目鳴弦(ひきめめいげん)の儀が行われます。
東西南北の四隅で弦を鳴らし邪気を祓い、

H31_0115s_39_2



最後に鏑矢を参集殿の方向に射ると、
ほどよい高さに飛んで行きました。

H31_0115s_45


H31_0115s_44


H31_0115s_46


H31_0115s_48


境内は氷点下の寒さだったのですが、
例年に比べれば比較的暖かな神事日和でした。

2018年11月23日 (金)

新嘗祭

11月23日は全国の神社で新嘗祭の挙行される日です。

上社では10時より行われました。

H30_1123s_17


神事に先立ち、浄祓い池の前でお祓いを受けてから、
神前齋庭(ゆにわ)に整列します。

H30_1123s_8


H30_1123s_9

H30_1123s_10


H30_1123s_2


そして、「献穀稲穂の儀」として、
早乙女から稲穂が一束ずつ神前に提供されます。

H30_1123s_12

神事終了後、今年収穫された奉献農作物を拝見します。

H30_1123s_18


H30_1123s_19


そして、早乙女が植えて耕作奉賛会が育てた新米を
直会で賞味しました。

ちなみに耕作奉賛会のメンバーは特注の法被で参列しました。

H30_1123s_5

今日の新嘗祭は快晴でしたがとても寒く、
八ヶ岳連峰もすっかり雪化粧していました。



2018年10月 4日 (木)

八束穂講神楽

今日は八束穂講神楽がありました。
八束穂講(やつほこう)は下伊那の氏子さんの集まりのようです。

神事では、巫女さんにより悠久の舞の奉舞がありました。

Dscs_2575


Dscs_2581


Dscs_2582


Dscs_2535


Dscs_2546


Dscs_2556


Dscs_2588


天気予報では、台風第25号が日本海に向かってくるようです。
3日間隔で雨が降るので、
上社の齋田では、まだ稲刈りができないで困っています。

当家では、稲刈りは済みましたが脱穀が出来ません。
今度の連休に予定していましたがまた順延になりそうです。

今年の秋は、なかなか収穫の秋とはなりません。

より以前の記事一覧