« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月の記事

2018年4月29日 (日)

齋田のあぜ塗り

6月3日の御田植祭りの準備として、
藤島社の齋田にてあぜ塗りが行われました。

耕作奉賛会のメンバーが多数集合したので30分ほどの作業でした。

H30_0429s_1


H30_0429s_2


H30_0429s_3


H30_0429s_7


H30_0429s_8

「昔取った杵柄」で慣れた手つきで平鍬を扱い、
苗代とあぜ塗りができました。

天気も良くてsun、ちょっと作業しても汗の出る陽気でした。

2018年4月16日 (月)

二の酉 献詠祭

4月16日は酉の祭りの翌日で、
二の酉祭りで、献詠祭が行われます。

神社職員や関係者などが奉じた短歌が神前で詠われる日です。

H30_0416s_1


お三宝に載せられた短冊を一首づつ、宮司が読み上げます。

H30_0416s_8


H30_0416s_9


その後、巫女さんにより、「浦安の舞」が舞われます。

H30_0416s_11


H30_0416s_13


H30_0416s_15


H30_0416s_21


H30_0416s_28


H30_0416s_30


H30_0416s_31


H30_0416s_40


H30_0416s_48


穏やかな、本当に春らしいsun日和の祭りでした。

2018年4月15日 (日)

御頭祭

4月15日は上社の大祭である御頭祭が行われる日です。
地元の人にとっては、「酉の祭」のほうが一般的です。

午前中に月次祭(つきなみさい)が行われ、
午後1時に諏訪の大神を乗せた御神輿が出発しました。

布橋の内部は中腰で担がなければならないので大変難儀です。
入口御門から外に出ていよいよ前宮に出発します。

H30_0415s_4


H30_0415s_5


前宮の大鳥居をくぐって坂を上り、十間廊に入ります。

H30_0415s_9


H30_0415s_12


御神輿を安置して、祭壇を設置してから神饌を供えます。

H30_0415s_13


H30_0415s_17


H30_0415s_18


祭壇前に三杖柱(みつえばしら)の幣帛(へいはく)を供えて、
祝詞奏上や玉串奉奠が行われます。

H30_0415s_19


H30_0415s_20


十間廊での神事が終わったら、すぎ隣の内御玉殿祭が行われます。

H30_0415s_24

さらに社務所前で、若神子社祭が行われ
H30_0415s_25


最後に前宮の本殿に向かって一同拝礼をして全ての神事が終わりました。

十間廊から出て、本宮に向かって御神輿を引き返します。
H30_0415s_27


H30_0415s_29


H30_0415s_41


本宮境内の二の鳥居をくぐって、布橋を中腰で抜けると、
齋庭の拝殿前に到着して酉の祭りが終わります。

H30_0415s_46


H30_0415s_50

午前中は大雨だったので、前宮までの道中が心配だったのですが、
雨が上がって良い天気になりました。
参列者の行いが良かったのでしょう……。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »