« 御神渡現象 | トップページ | 野出神事 »

2018年2月 5日 (月)

御神渡拝観式

この冬、5季ぶりに出現した
御神渡の拝観式が行われました。

八剱神社の宮司をはじめ関係者が
神様が下社に向かった下座(くだりまし)と認定された地点、
旧六斗川河口の岸辺に到着して神事が始まりました。

H30_0205s_4


H30_0205s_8


H30_0205s_15


H30_0205s_20




その後、諏訪湖を半周して下諏訪町の赤砂崎で再度神事を行いました。

H30_0205s_21

本日の主役は、宮坂清宮司です。

H30_0205s_23


H30_0205s_26

ここでの撮影は南東方向で逆光のため、
マスコミ各社の要請で南西方向に位置を変えて
御神渡の筋に沿って関係者一同が整列しました。

H30_0205s_34


H30_0205s_37


外野の見解ですが……
今週は九州でも積雪するほどの強烈な寒波が襲来しているので、
もう一週間ほど経過して御神渡の成長を待ってから
拝観式をした方がよかったように思います。

氷の割れ目が未成熟のような気がします。

以下、参考までに長野日報に掲載された説明図

H30_0205xs_38

« 御神渡現象 | トップページ | 野出神事 »

神事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569822/66360657

この記事へのトラックバック一覧です: 御神渡拝観式:

« 御神渡現象 | トップページ | 野出神事 »