天気予報

  • 1時間毎の天気予報
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

オール諏訪ドットコム

フォト
無料ブログはココログ

« 諏訪湖マラソン | トップページ | 石送り神事 »

2017年11月23日 (木)

新嘗祭

勤労感謝の日は古来より新嘗祭(にいなめさい)が行われる日です。

諏訪大社上社でも、
6月の御田植祭で奉仕をした早乙女や耕作奉賛会のメンバーが参列して、
新嘗祭が行われました。

浄祓い池の前で身を浄めてから齋庭(ゆにわ)に移動して神事が行われました。

H29_1123s_8


H29_1123s_7

まず、献穀稲穂の儀で、
早乙女が手にした今年の稲穂が神前に奉納されました。

H29_1123s_10


H29_1123s_15

その後、滞りなく神事が終了し、宮司を先頭に参列者一同は
献納された農作物を見学しました。

H29_1123s_25


H29_1123s_28

玄米、野菜、果物などが奉納されていました。

新潟県や香川県から奉納された品物もありました。

早朝からの豪雨も上がり、
木々からの雫が落ちる中での神事でした。

直会では、早乙女が植えた稲の新米が振る舞われました。

宮司が「いつまでが新米なのか?」
との話題がありました。

当家では多少の余り米を米屋に売却していますが、
新米価格は5月ころまででその後は価格が低下する。
との話でしたので、その頃までが新米でしょう。

ちなみに、古老に聞いた話では、梅雨時を過ぎると味が落ちる。
との事です。

当家では、ハゼ掛け乾燥で収穫したコシヒカリは玄米にせず、
籾(もみ)の状態すなわち種子のままで保管してあります。

必要な時に、もみすり・精米をして米飯にします。riceball
手間はかかりますが、趣味の農業と割り切っています。

  富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  富士通 WEB MART アウトレット

  富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

« 諏訪湖マラソン | トップページ | 石送り神事 »

神事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569822/66077112

この記事へのトラックバック一覧です: 新嘗祭:

« 諏訪湖マラソン | トップページ | 石送り神事 »