« お舟引渡式 | トップページ | 相撲踊り奉納 »

2017年8月 2日 (水)

お舟祭り

8月1日の昨日はお舟祭りが行われ、
御頭郷地区としてお舟の曳行に参加しました。

午前中に柴舟の側面に胴棒と呼ばれる巨大な丸太を取り付け、
引き綱も1番から4番までつないで準備万端。

Dscs_9239


警備のために集合していただいた、
消防署、警察署、地元消防団の皆さんが、
協力して祭りの円滑な進行を見守りました。

Dscs_9252

秋宮を出発した遷座のための行列が到着して、

Dscs_9260

本殿で御霊代を神輿に移し替えている間に
柴舟に翁・媼(おきな・おおな=じじ・ばば)の人形が取り付けられた。



遷座の行列は舞姫や稚児を含む神社関係者が先行し、

Dscs_9327



その後ろに、神楽殿の中を突っ切って御霊代の神輿が
秋宮をめざして出発して行きました。


Dscs_9337



行列を見送った後、お舟の出発式が行われて、
いよいよお舟の曳行がスタート。

Dscs_9397


Dscs_9404


春宮境内を出た直後に、にわか雨に見舞われて
一瞬、皆さんが道中を心配してあわてた。

Dscs_9407

予定(設定時刻)通り国道20号線を突っ切って
魁町(さきがけちょう)の鋭角小路をスムーズに曲がって、
再度国道に曳き出して大休止。

この時すでに、通り雨であった雨は止んでいて、
道路が乾いていたので、下諏訪町の給水車にお願いして、
お舟が滑りやすくなるように道路に水を撒いた。

Dscs_9610


お舟の曳行がスムーズに進んだので、
大社通り四つ角を過ぎた秋宮前の八幡坂でお舟の横倒しを行った。
「お舟返し」と云われるそうです。

Dscs_9636


そして、設定時刻より早く秋宮到着、
すなわち16:00に秋宮の鳥居をくぐった。

Dscs_9658


秋宮の神楽殿の周囲は狭いので、そこを三周するためには、
ここまでの曳行に使っていた2番綱~4番綱を外して、
元綱すなわち1番綱だけで引っぱることになり、
若者の団結した力が頼りでした。

Dscs_9699


Dscs_9707


無事に三周して、神楽殿の正面に曳き着けて終了。

Dscs_9716

直ちに、翁・媼(おきな・おおな)の人形は下船します。

Dscs_9724

その後、若連が力が有り余っているので、

お舟を左右に横転させたり、
胴棒をかかえて人力だけでお舟を持ち上げるパフォーマンスをしていました。

Dscs_9738


祭りの最後に、神宮寺保存会により三番相撲が行われすべて終了!

10年前に参加したお舟祭りとは大違いで早く帰宅出来ました。

その後、区の公民館に直行して直会が開かれ、
御頭郷地区としてお舟祭りの成功を祝して宴会は延々と続いたので、
飲みつぶれて撮影した500駒の写真の整理ができなかった。

このため、ブログのアップが一日遅れてしまいました。

« お舟引渡式 | トップページ | 相撲踊り奉納 »

神事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569822/65612841

この記事へのトラックバック一覧です: お舟祭り:

« お舟引渡式 | トップページ | 相撲踊り奉納 »